生前福祉整理の業務を行いました

独居されていた高齢者の方が特養施設等に入居されるため、今まで住まわれていた自宅の家財道具等を引き取ってほしいとの事でした。
事前に必要なものを整理し新しい入居先に持ち出されていますので、今回この部屋に残っている家財道具は廃棄する不用品だけになります。
マンションの2階になりますが間取りは1DKで比較的整理整頓されていました。まずは作業しやすいように入り口付近を片付けます。

入り口付近が片付いたので今度は奥の部屋にある大型家具を出していきますが、タンスの中に不用な衣類がそのまま入っているので分別して袋詰めします。
このような不用な衣類は毎回大量に出てきます。古着として売れない事もありませんが現在の日本では新品でも安価で買えるためほとんど需要がありません。
日本が裕福な証拠なのかもしれませんが何だかもったいない話です。

事前に整理されて不用なものだけしかないとの事ですが、毎回必ず貴金類や個人情報が出てきますのでそれらはまとめてお客様へお渡しします。


性根を抜いてありますがやはり仏壇周りの片づけは気が引けます。


家具の中身の分別が終わったので大型家具を搬出します。
当社は別業務で某量販店の家具配送を請け負っていますので大型家具の運搬作業はお手の物です。

洗濯機はベランダに設置されていました。これも処分です。
エアコンは元々部屋に備え付けだったのでそのままですが蛍光灯は後付けなので取り外します。

部屋も片付いており4人で作業したので1時間半ほどで終了しました。
2tトラック1台分ぐらいの荷量になりました。




あとはこれを会社に持って帰りさらに分別して処分します。

家財道具処分不用品処分にお困りのかたはお気軽にご相談下さい。
無料で見積もりに行かせていただきます。

お問い合わせ

YouTubeで生前福祉整理動画を見る

提案事例一覧

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP